会社で環境問題への取り組みを行っているというところも増えているといえるでしょう。
大企業では、環境問題へのなんらかの取り組みを行っていることは非常に多いですが、中小企業でもこのような取り組みを行う会社は増えているといえます。

 

そこで、こういった会社において、環境対策をすることによって、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。
環境問題に取り組むことによるメリットですが、まずは、企業イメージの向上や、コスト削減などがあります。

 

環境問題に取り組むことによって、会社自体もコストを削減することが出来ますし、企業イメージが向上することによって、消費者から信頼されたりなどのメリットがあるといえるでしょう。

 

しかし、環境問題に中小企業が取り組む場合、デメリットもあります。
まず、環境問題に取り組むことで、コストが逆に増加してしまったり、人手不足となってしまったりと、人的なコストが意外にかかってしまうというデメリットがあります。

PR|話題のISMSやISO27001ってなんだろう?|