職場柄、紙での目視確認やダブルチェックをするよう徹底されていたので、少し前まではバンバン印刷しても誰にも何も言われませんでした。

ですが最近は我が社にも環境保全対策の波が来ているようでなるべく紙を無駄にしないように、必須でない場合は裏紙を、カラーコピーはなるべく使わないように、という指導が入るようになりました。

もちろん社内全体メールで来たお触れの名目としては「環境保全対策」でしたが、いまだ多くの社員が「環境保全対策」というよりも「経費削減」といった感覚でいるような気がします。

実際、直属の上司は電気がつけっぱなし、印刷が裏紙じゃなかったりなどすると、

「電気代がもったいない」「コピー代がかさむだろう」といった内容のセリフで、

上記のような節約の旨を指導しています。

ISO研修やらISMSやらを考えている上の上の方は志高くそうおっしゃってるんだろうな、と思いつつ、正直「節約」と言われた方がまだ一般企業ではとっつきやすいのかもしれませんね。