環境保護と食料生産は切っても切れない関係にあります。現代的な食料生産は地下水の大量使用と枯渇、肥料や農薬による土壌汚染、遺伝子組み換え、肥料の原料の採掘など、環境に大きな影響を与えているからです。

たとえ話ですが、農業こそ世界最大の環境汚染だという話もあります。これは現代的な大規模農業に特にあてはまることです。

現代の農業生産が環境破壊につながっている一例が、地下水の大量使用です。アメリカや中東など乾燥した気候のもとでは、地下水をくみ上げてスプリンクラーで散水する技術が盛んに用いられます。この方法により砂漠のような場所でも穀物などを育てることができます。しかし、地下水を大量に使用することで、近い将来に地下水が枯渇してしまう心配があります。地下水が減少することで地盤が沈み込んでいる場所もあります。持続可能な食料生産とは言えません。

環境を守りながら食料生産を成り立たせるには、持続可能な農業技術を開発し広める必要があります。

PR|ISOセミナーの費用を比較する|