東京都の企業から出るゴミは有料ですので、なるべく費用を抑えるよう努めています。
社内で最も多くでるのが紙ゴミと可燃ゴミで、それぞれ別々のゴミ回収業者に引き取ってもらっています。

 

紙ゴミの場合は機密性が高くないものは社内にダンボールが設置してあり、従業員が各自その中に入れることになっています。

 

ISO27001規格もあるので、機密性の高いものはいったんシュレッダーにかけて、シュレッダーゴミは透明ビニール袋にためています。

 

ダンボールとビニール袋がある程度たまったら専用の引き取り業者に連絡すると、無料で紙ゴミを引き取ってくれます。

 

 

可燃ゴミの場合は支社と合同で引き取りをお願いしています。
ある程度たまったところで支社の方に運び、支社の可燃ゴミと合わせて専用業者に引き取りをお願いしています。

 

こちらは有料ですが、一定容量までなら費用が同じですから、面倒でも本社のゴミを支社まで運んで、まとめて引き取ってもらっています。

 

運ぶ労力とガソリン代を含めても支社まで運んだ方が経費がかからないので、このような処分方法を取っています。